英会話が特別視されない社会を求めて

ある方の投稿を拝見して、「あなたもそうですか」と思いました。

これまでに

「留学してるんだね!」

「はい!」

「じゃあペラペラだよね?すごい!」

「いや…笑」

という会話を5000回くらい

 

「留学してるんだね!」

「はい!」

「じゃあ英語話してみて!」

「何を?笑」

という会話を2万回くらいしてきてる。

カンタさん

英会話学習者あるあるを体験してみて下さい

次の会話は、私や同業の知人たちの実体験、同業者のあるある体験をいくつかまとめたものです。私たちの部分を敢えて「あなた」にしてみました。もしよかったら、自分を当てはめて読んでみて下さい。

よくある会話例1

あなた:「英語を勉強しています」または「しばらく留学していました」

お相手:「何か英語話してみて

あなた:「(英語)」

お相手:「で、今何言ったの?

よくある会話例2

あなた:「英語を勉強しています」または「しばらく留学していました」

お相手:「本当に話せるの?

あなた:「・・・」

よくある会話例3

あなた:「(ネイティブと談笑)」

お相手:「ああ、本当に話せるんだ

あなた:「・・・」

よくある会話例4

お相手:「あそこにガイジンいるよ。なんか英語話してきたら?

Sponsored Link

あなた:「知らない人に話す用事ないんですけど」

お相手:「ほんとに英語できんの?

よくある会話例5

お相手:「(車のラジオ)今のガイジンのDJ、何て言ってたの?

あなた:「●●がどうしたこうした、それで○○がああでこうで」

お相手:「絶対うそだろ

あなた:「・・・」

よくある会話例6

あなた:「(例えばミスチルの曲を熱唱)」

お相手:「英語の曲歌わないの?

あなた:「(例えばミスチル)の気分なんだけど」

お相手:「英語勉強してるんだろ?

よくある会話例7

お相手:「お仕事は?」

あなた:「英会話を教えています」

お相手:「では英語ペラペラなんですね

よくある会話例8

お相手:「お仕事は?」

あなた:「学校で英語教えています」

お相手:「ああ、そうですか

あなた:「(あれ、いつもの言われないな)」

悪気がないのは100%知っています

聞いている側に悪意がないことはよくわかっていますが、この事例から言えること、それは、日本はいまだに英語が特別視されすぎている、そして、いろんなレベルで楽しむ人がいるスポーツや音楽のような状況になっていない、ということです。旅行レベル、外交通訳レベル、いろいろいて当然なのです。英語を勉強する、留学するイコール100%ネイティブレベルになる、のではありません

英語は特別ではありません。練習環境(学校など)を整え、きちんと練習すれば、公教育レベルではみんなが例えば英検3級レベルの会話能力を身につけることは可能です。好きな人は、卒業後も続けて上を目指せばいいというだけの話なのです。それぞれのレベルで話せば、それが「話せる」なのです。

英語を話せるのは、特別な才能なわけではありません。特別視する風潮がなくなることを願っています。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link