Free-Photos / Pixabay

続けていれば必ず訪れる恍惚感

英語の勉強は、すぐには達成感を得られないと思う人が多いです。音楽やスポーツのように、上達を実感できる機会があまりないのが理由でしょう。確かにそういう面はありますが、もうひとつ理由があるとすれば、それはやはり日本人の完璧主義だろうと思います。英語に関しては、日本人は求道的になりますから。ネイティブ並みの会話力がないと「話せる」と言ってはいけない、そういう感覚があります。でも、もっと気持ちにゆとりを持ちましょう!

あいさつの表現を習って、ネイティブとあいさつできたら、あいさつマスターです。そういうふうにして自信をつけていきましょう。子どもが、「九九の2の段を覚えたよ。九九得意なの」と自慢気に言う、あの感覚を大切にしたいものです。「今日は自己紹介の表現を覚えた。英語好きだなあ」と前向きに、前向きに。

あきらめずに勉強を続けていって、「おお、これだ!」と思う瞬間が来るのはいつ頃かわかりますか?勉強開始から3ヶ月~6ヶ月目です。私の経験では3ヶ月でした。頭の中で作文してから話すのではなくて、聞き取った英語に対して英語が自然にポンと出ます。毎日練習を継続していれば、あなたも例外なくこの瞬間を体験することができます。3ヶ月目の恍惚(The Third Month’s Ecstasy)と名付けることにしますね(^^)

Sponsored Link

複雑な構文を使いこなせる訳ではありませんが、ペラペラ感がものすごいんですよ。andやbutで文をつなぎながらポンポンと言葉が出てくるので、まさにエクスタシーです。私自身も経験していますし、文献でも同様の見解を見かけます。英語教材の宣伝文句にもありますが、めずらしく事実です(笑)どうですか?自分もできそうだと思いませんか?

 

3ヶ月目の恍惚を経験すると、英会話練習が楽しくなるので学習習慣が定着します。波に乗る感じとはこのこと。単語も積極的に覚えるようになるし、視野が広がるのが嬉しい時期が続きます。ネイティブと対等に話せる自信もついてきます。

しかし、ネイティブと会話していると、たくさんオシャレな言い回しが出て来ます。自分にはなぜそれができないのかと落ち込むことも増えてきます。壁ですね。でも心配無用ですよ。ひとつは慣れの問題。欧米流のものの言い方は文化的な背景も関連するので、慣れるのを待ちましょう。英語に触れ続けていれば乗り切れます。ふたつ目の理由は、使いこなせていない文法事項の問題です。外国語には、学びやすい項目とそうでない項目がありますからね。関係代名詞、時制の一致、仮定法などはうまく使えるまでに時間がかかるものなのです。

このような停滞期には、文法のどの単元をクリアできていないのかを確認しましょう。そうすることで、集中的に勉強すべきポイントが見つかります。どういうつまずきかを知れば、関連する課題も見えてきますね。文法ではなく話す内容の知識不足が原因かも知れません。いろいろ見えてきますよ。

 

英会話での達成感と壁の訪れは以上のような感じになると思います。壁は上達しようとしている人にしか現れません。堂々と立ち向かえば英語はマスターできますよ。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link