stevepb / Pixabay

心のハードルを下げればうまくいく

お酒、好きですか?私は飲む習慣はありません。学生時代にバカをやってしまい、もう飲むまいと決めて以来、自分からは飲まない生活を続けています。ただ、楽しい飲み会はいいですね。なぜ楽しくなるんでしょう。一緒にいる人と打ち解けられる気がするのは、心のハードルが下がるからじゃないかと思うわけです。これ、ヒントになりますね。

 

英語の勉強には心理的ハードルがつきまといます。間違い、言いよどみ、小声、いろいろなことが重なって上達した気になりません。スランプだと思ってしまいます。自信を失くすることもあるでしょう。そんな時こそです。飲んで話しましょう。たくさん見てきました。飲むとペラペラになる人を。心のハードルが下がるどころか、なくなる人を。

Sponsored Link

私にも経験があります。ハワイを旅行したときのこと。パブに行きたくなって店を探したんですが、現地の人が集まる所がいいと思い、街の外れへと繰り出しました。そこそこ酔っ払ったところで、店の人に声をかけられました。自分のそれまでの人生で、こんなに英語が自然に出てきたことはないというくらい流暢にしゃべったことを今も鮮明に覚えています。

 

お酒の良い点は、苦手意識というベールで包んでいた潜在能力を素の状態にして開花させてくれるところにあります。何かにチャレンジする時、ちょっと勇気が必要だなと思ったらグラス1, 2杯の力を借りてみるのはいいと思いますよ。また、相手によりますが、下ネタは万国共通なので酔ったときにはオススメです。下品な話題でゲラゲラ笑って「今まで文法だの、いろいろ気にして話そうとしなかったのは何だったんだ!」と思うこと間違いなし。「会話を楽しむ」という英会話の原点に返れます。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link