Alexas_Fotos / Pixabay

Believe and See!

「最近ちょっとなあ」と感じることってありませんか?もし今そういう状態なら、次の文をどうぞ。

As long as you believe it is impossible, you will actually never find out if it is possible or not.

(不可能だと思っているうちは、可能かどうかなんて絶対にわからない)

「やってみないうちは何もわからない」という意味です。行動することが大事なことはわかるのですが、尻込みしてしまうことって多々ありますよね。

 

行動できるのはどんな時でしょうか。そう、「やれる」「やるしかない」と思った時ですよね。では、そう思うのはどんな時でしょうか。私が思うに、それは自分を信じられる(信じるしかない)時ではないかと。

 

英語のことわざに

Seeing is believing.

というのがあります。「百聞は一見にしかず」の英語版だと習いますが、その直訳は

「見ることは信じること」

です。これを使って、ちょっとした言葉遊びをしてみましょう。順序を変えてしまいます。

Believing is seeing.

になりますね。

「信じることは見ること」

Sponsored Link

さあ、どうでしょう。格言誕生だと思いませんか?「信じれば見える」です。

 

何か新しいことにこれから取り組もうという時、人は不安になります。どうやってその不安を乗り越えますか?たぶん、

自分ならできる、自分なら勝てる、自分なら・・・、

と自分に言い聞かせるのではないでしょうか。英会話マスターが目標なら「自分なら絶対話せるようになれる!」というふうに。

 

こうやって自分を信じることで、目標までの道筋が見えてきます。信じないと見えないのです。信じれば見えてくるのです。

 

どんなに優れた教材があっても、どんなにすごい先生がいても、結局必要なのは「自分はできる」と信じることなんですね。難しい、ムリ、あり得ない、そういう思考のクセがついてしまっていませんか?「できない、やらない、結果出ない」の悪循環に陥る可能性が大ですよ。振り返ってみると、私はその「ないないない」の悪循環から抜け出すのに、なんと40年以上かかっています。苦笑です。明らかに「信じる」不足でした。

 

周囲の誰に何を言われようと、自らの可能性を見出だせるのは自らを信じた時だけです。信じれば見えてきます。

 

見えるようになりましょう。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link