3844328 / Pixabay

この世界に文法書通りに言葉を話す人はいない

英語を話せるようになりたいと思った時、そうせならネイティブスピーカー(母語話者)のレベルに近づきたい。多くの人がそう思うものです。私もそうでした。やる気があるからこそ上を目指すわけですが、実際のところ、そんなに高度なレベルを求めていたら、常に英語を話すチャンスがある人以外は自信を失って、落ち込む一方になることでしょう。完璧主義は危険ですね。

 

doesと言うべきところをdoと言ったとします。テストでは間違い扱いですが、会話上は問題ありません。”She don’t know me. “という英文は、嫌うネイティブもいるし、平気で使う人もいます。doesのはずなのにdoを使っている歌詞なんていくらでもありますよ。”She Don’t Know Me” は大御所Bon Joviの初期の楽曲タイトルです。

 

goの過去形はwentですけど、”goed”と言っても会話は成立するわけです。幼児は最初はコレですから。同様に、good – better – bestを”good – gooder – goodest”と言っても会話は成立するのです。

 

さらに言えば、英語にも方言があります。日本語の方言ほどの多様性はないですが地域差があります。所有を表すyourは、地域によっては”you’s”と言います。John’sとかMary’s みたいに使っているんです。

 

教科書的正確さを突き詰めたら、いつまで経っても達成感は得られません。むしろ、学校ではダメ出しされる「間違い」を「私の方言だ」と開き直るほうが、ある意味健全だろうと思います。この開き直りについて、ちょっと説明しますね。

Sponsored Link

 

相手の存在が自然であるほど、その人の言葉はクセにしか聞こえないんです。中学の同級生に中国からの移住の子がいたんですが、日本名だし、移住者だとは気付かずに接していたんです。「なまってんな、コイツ」とは思いましたが、中国人とは思いもしなかった私です。これを私の鈍感と捉えるかはお任せしますが、私は次のように思います。

溶け込んでしまえば、話し方がどうであってもただの仲間である

その人の日本語は、そういうクセでしかない。直してやろうなんていう発想自体が起こりません。アメリカはどうだと思いますか?さすが移民の国だなと思うのですが、アメリカ人は人と話している時、相手がネイティブかどうかを気にしていません。こちらの英語の訛りなど、どうでもいいとさえ思っています。場合によっては、こちらの日本語的な言い回しを「それ、いいね!」と褒めてくれることもあります。「その言い方、使わせてもらうよ」と言われることも。私たちのようなノンネイティブも新しい英語表現に貢献できるのです。アメリカ北東部には今でも「くどちゃん英語」を使っている人がいるかも知れません。仲良くなってしまえば、あなた独自の英語が受け入れられることだってあるんです。

 

強引に締めくくりますが、次のセリフは不要です。

「私は英語がうまくないので」

「私の英語はめちゃくちゃです」

もう絶対に言わないでください。逆に、開き直りでいいですから、知っている単語を早口でまくしたててみて下さい。「あなたはニューヨーカーですか?」と言われますよ。実話です。堂々とした態度で、会話に積極的な姿勢を見せさえすれば、あなたの英語は「あなた英語」として認識してもらえます。参考書的な正確さから外れていてもいいんです。あなたが話す英語は、ちゃんと英語です。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link