どんなレッスンをしているの?

~各コースのレッスンイメージ~

ていねい指導コースのレッスンイメージはこちらをタップ(クリック)

エコノミーコースのレッスンイメージはこちらをタップ(クリック)

中学生・高校生コースのレッスンイメージはこちらをタップ(クリック)

1. ていねい指導コースのレッスンイメージ

週一回のレッスンと毎日の課題提出で理解と定着を万全にするていねい指導コース!

ていねい指導コースはオンライン、出張共に週一回約60分です。しかし、週一回のレッスンだけでは目標達成は難しいですよね。そこで、理解と定着を促すために宿題が課されます。原則として毎日提出していただきますので、一定時間必ず英語に触れることが可能になります。これが上達のカギです。

具体的には、音声送信機能が付いたアプリ(LINE、Facebook Messengerなど)を使って、あなたが話す英語をそのまま送っていただきます。それに対し、24時間以内に私からコメント、アドバイスをお返しするというのが基本的な流れです。1レッスンの内容をあなたは6回復習することになりますから、7日目には課題文をスラスラ言えるようになるのです。

レッスンを受ける
音声課題を送る(写真はFacebookメッセンジャーの例)

ていねい指導コースの標準的なレッスンの流れ

ていねい指導コースでは、受講者様ごとにレッスンプランを設定いたします。とは言っても、皆さま完全にバラバラということでもなく、ある程度共通する流れがあります。

<ウォームアップ>

  • 挨拶、その日の日付・曜日・天候などの定型表現など
  • 近況報告、気になったニュースなど

<発音指導>

発音やイントネーション等、音声面の演習を行います。日本語にはない英語の音やリズムを練習します。写真は出張レッスン用にプリントアウトした教材の一例です。オンラインレッスンでは、事前にメールで配布し、スカイプ画面上でも表示します。

<会話練習>

どんな教材を使用してレッスンを行うかは、現在と目標とするレベルを相談の上決定しています。ここでは、初級の方の例になりますが、中学校検定教科書レベルの会話文を使って練習しています。シンプルな英文ですが、伝えたいことは十分に表現できることを体感できます。写真は中学1年レベル(赤)、同2年レベル(青)です。オンラインレッスンでは、事前にメールで配布し、スカイプ画面上でも表示して使用しています。

例:テキスト中学1年レベル

例:テキスト中学2年レベル

<反射演習(Quick Response)>

短い日本語文を見て、それを瞬時に英語に直す練習です。私のレッスンでは”Quick Response”と呼んでいます。文法・構文把握力と瞬発力の向上を狙いに取り組んでいただいています。一単元で10個の例文を練習します。”This is…”からスタートし、最終的には分詞の後置修飾や関係代名詞を使った英文も言えるようになります(※設定目標により最終到達地点は各自異なります)。

<自由会話>

自由に英語を話す時間です。あらかじめ話題を決めておく人、その場の流れで話す人、さまざまです。毎日の宿題提出を通じ、自分が話す英語の量が増えていくのを実感していただけます。

また、ある程度の会話力が身に付いたら、例えば週刊雑誌TIMEを使って、記事について自分の考えを述べる練習もいかがでしょう。旅行や日常会話には特に不自由を感じなくなったら、ホネのある内容にチャレンジしてみたくなりますよね。

以上がていねい指導コースのレッスンの流れの例になります。受講目的・目標に応じて内容は変化しますが、大体の流れはイメージしていただけると思います。ぜひ、参考になさって下さい。

コースと受講料はこちら

無料体験レッスンの説明はこちら 

お問い合わせはこちら

2. エコノミーコースのレッスンイメージ

ご自分のペースで英語力を伸ばしていきたい方にオススメ!

エコノミーコースは、オンライン、出張共に週一回約60分です。

英語の上達のカギは毎日の練習です。しかし、そうは言っても仕事や学校、家事育児などで毎日勉強時間を確保するのは難しいと言う方はたくさんいらっしゃいます。

「英語に興味はあるし、話せるようになりたいけど、ていねい指導コースは時間的に自信がないなあ。」

そんな方にオススメなのがエコノミーコースです。週一回のレッスンにはしっかり集中して取り組んでいただき、復習や予習にはご自分のペースで取り組んでいただきます

「え?でもそれじゃあ忙しさのせいにしてサボっちゃうかも・・・。」

もちろん、英語の上達には学習者本人の強い意思と勉強に向かう姿勢が必要です。でも「今日は忙しいし、疲れたから復習できないのは仕方ないか」と思うことはあるでしょう。しかし、一度それを許してしまうと、次の日も、また次の日も、ずるずるずる。次のレッスン日まで引きずってしまうかも知れませんね。

でもご安心ください。私は英語講師ではなく、英語コーチです。レッスンがない日でも、あなたに声かけをしていきますよ。「昨日は何を復習しましたか?」「今日は何時に練習できそうですか?」「今気になる知りたい単語やフレーズはありますか?」「練習方法は合っていますか?」などなど。SNSアプリのメッセージ機能などを使ってお声かけします!!英語関係の質問だけでなく、練習方法について、スケジュール管理についてなど、何でもご連絡ください。私と二人三脚で歩むから大丈夫!!モチベーションが下がることはありません!

エコノミーコースの標準的なレッスンの流れ

受講者様ごとにレッスンプランを設定いたしますが、皆様にある程度共通する流れがありますのでご紹介します。

<ウォームアップ>

  • 挨拶、その日の日付・曜日・天候などの定型表現
  • 近況報告、気になったニュースなど

<発音指導>

ていねい指導コース同樣、発音やイントネーション等、音声面の演習を行います。日本語にはない英語の音やリズムを練習します。写真は出張レッスン用にプリントアウトした教材の一例です。オンラインレッスンでは、事前にメールで配布し、スカイプ画面上でも表示します。

<会話練習>

どんな教材を使用するかは、現在のレベルと目標とするレベルを相談して決定します。教材を使わないで、ひたすら話す練習に特化したいと希望する方もいらっしゃいます

一例ですが、「NHKの英語講座テキストは、内容や分量はちょうどいいんだけど、一人では続かないし、放送の説明だとかゆい所に手が届かないことが多い」という相談を受けることがあります。このような場合は、なじみのない教材に新たに手を出すよりも、私と一緒に使い慣れたテキストで練習する方が効果的なのです。

市販教材例
市販教材例

また、主に最初歩の方向けに、あえてこのような本を活用することもあります。基本的な英単語の練習ですが、身近な生活語彙は英会話教材には出てこないことが意外とあり、ビジュアルも手伝って楽しく覚えることができます。

<反射演習(Quick Response)>

短い日本語文を見て、それを瞬時に英語に直す練習です。私のレッスンでは”Quick Response”と呼んでいます。文法・構文把握力と瞬発力の向上を狙いに取り組んでいただいています。一単元で10個の例文を練習します。”This is…”からスタートし、最終的には分詞の後置修飾や関係代名詞を使った英文も言えるようになります(※設定目標により最終到達地点は各自異なります)。

<自由会話>

自由に英語を話してみる時間は大切です。あらかじめ話題を決めて話す、その場の流れで話す、習った表現を集中的に使ってみる、海外の雑誌やニュースサイトの記事を拾い読みし、それについて自分の考えをまとめて英語で言ってみるなど、いろいろなことにチャレンジしていただけます。覚えた表現がスッと口から出てきた時の快感は言葉では言い表せないものがありますよ!

以上がレッスンの流れのイメージになります。受講目的・目標に応じて内容は変化しますが、参考になさって下さい。

コースと受講料はこちら

無料体験レッスンの説明はこちら 

お問い合わせはこちら

3. 中学生・高校生コースのレッスンイメージ

週一回のレッスンと日々の学習サポートで英語力と得点力をアップ!

中学生・高校生コースは、学校の授業の補強や入学試験対策を希望する中高生対象のコースです。イメージは家庭教師、もとい家庭コーチ。生徒様に英語力状況に合わせたレッスンプランをご用意し、授業の復習や進学目標達成をサポートします。

独立前は私立中学・高校で難関大学受験指導に携わってきた私が、お子様の英語力向上や試験対策をお手伝いします(略歴はこちら)。理論言語学(生成文法理論)に基づいたわかりやすい解説で、定期試験や入試対策(各種民間英語試験含む)など、受かるためのレッスンを行います。進路目標の達成を英語面でサポートするコースです。

中1英語は100%マスターしよう

英語の勉強は積み上げ式です。中学1年で習う文法、語彙を土台に中2英語に進みます。中2英語が土台になって中3英語です。つまり、中1英語が一番重要なのです。中1英語の正答率が8割というのでは不十分。学年が上がれば、英語の理解度は中1よりも必ず下回ります。中1英語の理解度は最低でも9割、理想を言えば限りなく100%に近い定着率にしなくてはいけません。そうしないと、高校英語、それに続く大学入試英語と、難解になるにつれて授業そのものがわからなくなり、成績が下降していくのです。

英語を得意教科にする最初の一歩は中1英語100%です。スタートは中1英語の「穴」がないかどうかの確認から。お子様の現在の学年までの総復習を経ることによって、学業成績や大学入試に対応できる英語力を身に付けてもらいます。

センスではなく努力

「英語のセンスがなくて・・・」と言う声をよく聞きます。厳しいことを言いますが、英語ができない理由をセンスだとか才能だとかで片付けるのは間違いです。「英語ができない生徒」に共通する理由は勉強不足、これだけです。英語(外国語)は知識です。知識は放っておいても体に入ってくるものではありません。知識の習得には努力が必要なのです。時間をかけて努力すれば誰でも知識の習得は可能で、英語はできるようになります。何度も反復すれば、どんな単語でも構文でも覚えることができます。

授業ですべて覚えてしまう

予習・復習や宿題をきちんとできている生徒にコーチはいらないと思うのです。英語習得で最も重要なのは、教わって理解したことを知識として定着させることです。たったひとつの単語でもレッスン中に覚えてしまうまで、何度でも反復してもらい定着させます。定着のために最も大切なこの反復というプロセスを「家でやっておいてね」と、私は言いたくありません。わからないまま先に進むのではなく、わかってから進む。定着を生徒任せにしないことで、自宅学習は他の教科に充てることができます。

レッスンでは

生徒としっかり話し合い、克服すべき課題を見極めてレッスンを進めていきます。学校の教科書や副教材でわからないことがあれば、質疑応答の時間を設けます。しかし、大事なのはその場で答えを知ることではありません。その答えに至る道筋を理解することが大事です。この文法が当てはまり、あの語法が当てはまるから、この英文の意味はこうなる、と。それがなければ先へは進めませんよね。

基礎文法がすべてなのです。理解度に応じた一例ですが、このような演習に取り組んでもらいます。BE動詞は大丈夫かな?

疑問文の作り方に不安があれば、疑問詞の意味から確認します。

このように積み上げを行い、知識の穴埋めと補強を行います。もちろん生徒それぞれ学力状況は異なりますが、積み上げのポリシーは全学年共通です。

使用教材について

学校の教科書、副教材、学習参考書、辞書の他に、どのような教材や資料が必要かについては、個別に相談して決定します。あらかじめご了承ください。

英語以外の教科も伸びます

中1英語100%を目指してがんばり始め、新しい知識を理解して使えるようになると、勉強が楽しくなってきます。定期試験や模試の結果も良くなるわけですから、なおさらですね。そうすると、生徒は自ら主体的に勉強するようになります。苦痛がないからですね。コツコツ勉強することで成功体験を積み重ねていくことができると知れば、他の教科でもコツコツ努力できるようになります。全体的に成績が上がっていくことでしょう。

受講目的・目標に応じて内容は一人ひとり異なりますが、おおまかなイメージは持っていただけると思います。参考にしていただければ幸いです。

コースと受講料はこちら

無料体験レッスンの説明はこちら 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

  • 直接お電話をご希望の方はこちらをタップしてください。
  • 入力内容が公開されることはありません。安心してご記入下さい。