こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (フレーズ)

chap

Meaning (意味)

男、男性、やつ

Comments (ひとこと)

日本では北米英語主体で英語英会話を習うことになりますから、「男、男性、やつ」を指す単語はguyと覚えるのが一般的です。実際、アメリカ人はguyとよく言います。He’s a nice guy.とはよく耳にするフレーズですね。

Sponsored Link

では、イギリス英語ではどうでしょうか。アメリカ英語の影響は避けられませんので、guyを使う人は増えていますが、chapという言い方もあるんです。同じく男性を表す言葉ですが、chapは優しめでフレンドリーなニュアンスだとされています。古い言い方なので、chapと言う人はどんどん少なくなっているようですが、イギリス独特の言い方のひとつです。

また、イギリスではchapの他に、bloke (注:brokeではない)やladとも言いますよ。What’s the name of that bloke? (あの男の名前は何だっけ?)やI’m going out for a drink with my lads tonight. (今夜友だちと飲みに行くんだ)のように使います。そうそう、fellowという単語もあります。これは英米共に使われています。

「男、やつ」というだけでもこんなにいろいろあるとは驚きです。

Examples (例文)

Who’s that chap over there?

(あそこにいる奴、誰?)

John was a lovely old chap.

(ジョンはとてもいいじいちゃんだった。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link