“How are you?”について

英語の時間に誰でも習う表現のひとつが”How are you?”ですね。”I’m fine, thank you.”と答えるんだよと習いますが、英語圏での生活を経験すると、”I’m fine, thank you.”と答えるのは半分正解で半分違うと実感します。

基本的にはI’m fine.

英語ネイティブ・スピーカー(母語話者)複数名に実際に質問して確認済みですし、日常のやり取りを観察しても間違いない事実ですが、”How are you?”への返答は、ほぼ機械的です。さらりと”I’m fine.”と言えばオーケーです。

日本人英語学習者には、”How are you?”と聞かれて考え込む人が多いんです。今の状況に思いを巡らせてから”I’m tired.”や”I’m sleepy.”と返事をします。私も初学者の時期はそうでした。ネイティブスピーカー曰く、「わざわざ考えて説明してくれなくていい。ただの挨拶だから」です。日本語の「お出かけですか?」「ちょっとそこまで」のあの挨拶と同じ感覚でいいということ。詮索する意図なしに「出かけるの?」と聞き、「余計なお世話だ」と怒ることなく「ちょっとそこまで」と答えます。最近は聞かれなくなったやり取りですけどね。

Sponsored Link

英語圏でも似たようなもので、”How are you?”と聞いてはいますが、相手の体調を具体的に知りたいとは思っていません。ですから、もしあなたが少しくらい体調が優れないとしても、”I’m fine.”と答えればそれでやり取りは終わりです。次の話題に進みましょう。もっとも、本格的に体調不良なら”I have a fever.”(熱が高くて)などと言うことはあるでしょう。ですが、考え込んでまで返答の英文をひねり出す必要はありません。基本的には「ちょっとそこまで」的にお返事すれば十分です。

基本的ではない状況では具体的に

とある高校の海外研修先での話。現地で体調を崩した生徒がお医者さんに診てもらうことになりました。診察室に入ると、ドクターが”How are you?”と聞きました。その生徒は”I’m fine.”と答えたんです。ドクターはその場で大笑い。かわいいジョークと受け取ったんですね。この”How are you?”は「今日はどうしましたか?」の意味なので、”I have a stomachache.”(腹痛です)などと続けますよ。

されど挨拶

挨拶なのでお決まりフレーズで済ませてよいのですが、やはり人と人のやり取りです。仏頂面にならず、健やかな明るい表情で温かく言葉を交わし、英会話を楽しみましょう。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link