■get after [誰々]

「追いかける」から派生した意味です。

■今日のフレーズ

get after [誰々]

…を責める・叱る

■例文

(1) Paul really got after Linda for breaking his glass.

(ポールはグラスを割ったことでリンダを責め立てた)

(2) Professor Smith got after me about my overdue assignments.

(スミス教授は締め切りを過ぎた課題のことで私を叱責した)

■解説・コメント

get after [誰々]「…を責める・叱る」という意味のフレーズです。

after [誰々] の部分は「…の後ろにいる」という位置関係を表します。そこからget after基本的に「追いかける」という意味になります。

「追いかける」と今回のトピック「責める・叱る」ではまるで意味が違うように思えますよね。でも、日本語で人を批判することを「追求する」と表すことがあります。それと同様だと考えれば覚えやすくなるでしょう。

get afterと言った後には理由を続けるのが普通です。そのフレーズはbecause節が一番簡単です。ここでは別の言い方を選びましたが、例文(1)では前置詞forで理由を表しています。forの後ろには普通名詞が来てもよいのですが、実際の用例では動名詞INGがかなり多いです。参考にしてください。例文(2)はaboutを使って理由を表す例です。becauseaboutは英語学習者が使いやすい語ですね。

■音声確認

貼 https://youtu.be/KW10SLB73Jw

見出し3■Today’s One Word

貼 https://youtu.be/TE5und8S8TA

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村