■pry into [何々]

詮索好きの人は多いので、知っておくとよいフレーズだと思います。

■今日のフレーズ

pry into [何々]

…を詮索する、…に首を突っ込む

■例文

(1) You shouldn’t pry into people’s business.

(他人のことに首を突っ込むものではないよ)

(2) As a reporter, I was paid to pry into other people’s lives.

(私はレポーターとして、人の生活を詮索することで給料をもらっていた)

■解説・コメント

pry into [何々]「…を詮索する、…に首を突っ込む」という意味です。

人の秘密などを知りたくなるのは、程度差はありますがどこでも誰でもあることだと思います。そのせいか、詮索を表す言い回しは複数あり、pry intoはそのひとつです。

例文(1)でbusinessとありますが、仕事や事業の意味ではなく「ことがら、用事」という意味です。Mind your own business. (余計なお世話だ) を思い出したかも知れませんが、これも詮索に関連した表現ですね。

ちなみに、日本語では「首を突っ込む」と「首」で表しますが、この言い回しに一番近い英語は、poke one’s nose into [何々]nose (鼻) を使った表現です。pokeは「小突く、ツンツンする」ですが、犬などが何かを確認する時に鼻先でツンツンするところから来ているのかも知れません。また、形容詞のnosy (詮索好きな) という形容詞もあります。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村