■could do with [何々]

さり気なく控えめな感じで伝わります。

■今日のフレーズ

could do with [何々]

…があればありがたい、…が必要だ

■例文

(1) I could do with a cup of coffee.

(コーヒーがあるとありがたいなあ)

(2) I could do with a few days off work.

(2, 3日仕事を休めるといいんだけど)

(3) These walls could do with repainting.

(ここの壁は塗り替えが必要だ)

(4) I could have done with your help yesterday.

(昨日、あなたの助けがあればよかったのですが)

■解説・コメント

could do with [何々]「…があればありがたい、…が必要だ」という意味のフレーズです。物がほしい時には、want [何々] would like [何々] と言うのが基本かつ標準的ですが、このフレーズも便利です。wantneedを使うよりも少し遠回しに要望・願望を伝えるニュアンスになります。日本語で「ほしい」「必要だ」と直接言わずに「…だったらありがたい」「…だと助かる」と言う時の心情と大体同じでしょう。

do with [何々] は「…をどうにかする」や「…で間に合わせる」という意味で使うこともありますが、このフレーズは助動詞込みでcould do withという固定表現だと受け入れてください。(ちなみに、このcouldは文法的には仮定法で、canの過去ではありません。)

なお、例文(4)はcould do withを仮定法過去完了のcould have done withにした、いわば応用です。「(あの時)あればよかった、必要だった」という意味です。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

メールでのお問い合わせ

英語コーチングとは

各コースのご案内

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村