不機嫌な時に言いそうな言葉

辞書にも載っていなさそうな表現のご紹介です。載っていなさそうというだけで、載っているかも知れませんが。

誰でもイライラすることはあるものです。怒りとまではいかなくても、ちょっとカチンと来たり、そんなに規模の大きくないイライラはよく起こります。英語圏の人が不機嫌になった時は、どういう感じのセリフを吐くのでしょうか。少しだけ紹介しますね。

What about it?

「それが何か?」「それがどうかしましたか?」という意味です。同じ意味で使われる頻出表現に

So what?

(だから何?)

があります。私が聞いた範囲では、”What about it?”の方が”So what?”よりも新しい言い方だそうです。例を見てみましょう。

Example 1

John: Why do you like Mariana Grande so much? She’s such a terribe singer!

(なんでマリアナ・グランデなんか好きなのさ。ひどい歌手じゃないか)

Paul: And what about it?

(それがどうかしましたか~)

Example 2

George: Hey, you have a meeting in 10 minutes and you look awful!

(おい、あと10分で会議だっていうのに、すごい格好してるな)

Sponsored Link

Ringo: So what?

(だから何だって~の)

こんな感じで切り返されたら、イラッときています。もちろん、イラッとさせたからですけど。

Mind your business.

「関係ないだろ!」という意味で、英語学習者の間では有名なフレーズのひとつ。これにはバリエーションがあり、

  • Mind your own business.
  • It’s none of your business.
  • None of your business.

などが代表例に挙げられます。

Example

John: Hey, Paul. What were you and Tom talking about?

(よう、ポール。トムと何話してたんだ?)

Paul: Mind your business.

(関係ねえだろ)

What’s to know?

「そんなことも知らないの?」という意味。基本的には呆れた感じで言うフレーズですが、あなたの話の内容によっては、イラッとしているかも知れません。

文法的には”What is there to know?”(知るための何があるのだ⇒いや、ない⇒知っていて当然だろう⇒知らないとは何事だ)から。そのthereが抜け落ちた表現とされています。

Example

George: We must find someone who knows how to repair a broken lawnmower.

(壊れた芝刈り機の直し方知ってる人見つけなくちゃ)

Ringo: What’s to know? Just a little tightening here and there.

(そんなことも知らないのか?こことそこをちょっと締めるだけだよ)

以上、言われると少し悲しくなるフレーズを紹介しました。使う必要はありませんが、相手の心情を察知するために知っておくとよいですよ。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link