こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (フレーズ)

Go ahead.

Meaning (意味)

  • [直訳]前に行け、前に進め
  • どうぞ、いいですよ。
  • お先にどうぞ

Comments (ひとこと)

Go ahead.は日常英会話では頻出フレーズです。ある程度英語に触れている人であれば、使い慣れていることでしょう。直訳すれば「前に行け、進め」ですが、訳語のイメージほどぶっきらぼうではありません。

基本的な使い方は次の通りです。

Sponsored Link
  1. 「どうぞ、○○してください」
  2. 主にGo ahead and + 命令形で「お先に~してください」

go aheadには「遠慮なく~する」「ためらうことなく・思い切って~する」という意味があるわけですね。それを命令文の形で使うことで、人に何かを促したり、許可を与える意味になります。

日常会話では強調を表すrightを入れて、Go right ahead.と言うこともよくありますよ。使ってみてくださいね。

Examples (例文)

Example 1

A: Excuse me. Are you in line?

(すみません、並んでます?)

B: No, no. I’m just standing here. Go ahead.

(いえいえ、ここに立っていただけです。どうぞ。)

A: Thank you.

(ありがとうございます。)

Example 2

[message] A: Sorry, I’ll be late.

(ごめん、遅くなる。)

B: I’m so hungry.

(お腹空いちゃったよ。)

A: Go right ahead and order something.

(先に何か注文してて。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link