■save up for [何々]

saveは「救う」だけでなく「貯める」の意味も。

■今日のフレーズ

save up for [何々] (目的があって)お金を貯める

■例文

(1) It took me months to save up enough money to go travelling.

(旅行に行くのに十分なお金を貯めるのに何ヶ月もかかった。)

(2) Tom’s saving up for a new car.

(トムは新しい車を買おうとお金を貯めているところだ。)

■解説・コメント

save up for [何々] で「…のためにお金を貯める」という意味です。

「お金を貯める」は基本動詞のsaveを使います。save moneyで「お金を貯める、貯蓄する」なのですが、少しだけニュアンスにこだわった話をしようと思います。

save moneyは「使わないで大事に取っておくお金を貯める」という意味合いを持ちます。つまり、「まさかの時のために」のニュアンスになるのです。saveには「節約する」の意味もありますから、その雰囲気も含まれているのですね。

では、「来年海外旅行に行くと決めたからお金を貯める」という話題ではどうでしょう。具体的な計画・目標があります。このような場合、ネイティブ英語ではsave upという2語フレーズを使います。不思議な感じがしますが、upを足すだけで「目的を持って貯める」に変わるのです。また、save upでは目的語としてmoneyと言う必要はありません。save upのみでオーケーで、直後にforを続け、目的を具体的に表します。

一般的な意味での貯蓄はsave、特定の目的がある場合はsave up forと使い分けができると、ネイティブ英語に近づける感じがして嬉しくなりますね。

最後に小ネタをひとつ。日本語の「貯金」と「預金」、区別を知っていますか?一般的に郵便局は「貯金」、銀行は「預金」と言います。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村