こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (語句)

Joking apart,

Meaning (意味)

  • 冗談はさておき、
  • 冗談抜きで、
  • まじめな話、

Comments (ひとこと)

今回のフレーズはJoking apart、成句です。このまま使いますが、「冗談はさておき」という意味で、ふざけたりしないでまじめな話に切り替えたい時に言います。また、ふざけて言っているのではなく、自分はまじめな話をしているんだと念を押したい時にも使います。

apartは「離れて」という意味ですから「冗談から離れる」となり、「冗談はさておき」という意味を表すことになります。頭にallを付けて、All joking apartとすることもあります。

この表現には、いくつかバリエーションがありますので紹介します。どれも似た感じですので、自分が使うのはこれ!と決めておくと会話で楽になると思います。

  • (All) Joking aside,
  • (All) Kidding apart,
  • (All) Kidding aside,

apartの代わりに、aside (脇へ、傍らに)を使ったり、jokingの代わりに同じ意味のkiddingを使うというだけなので、簡単ですね。便利なつなぎ言葉ですから、活用しましょう。

Examples (例文)

Example 1

Joking apart, what do you really think?
(冗談はさておき、本心はどうなの?)

Example 2

Joking apart, the press conference room was so packed and there must have been more than a hundred people.
(冗談抜きで、記者会見室は本当に混み合ってて、絶対100人以上いたよ。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)