こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

今日のお題は、

You are toast.

です。「あなたはトーストだ」とは、一体どういう意味なのでしょうか?

“You are toast.”と言うと、その相手は「もうダメだ」「もうお終いだ」「こまったことになるよ」という意味になります。通常は、相手への警告として使われます。

主語を物にして使うこともあり、その場合はその物が壊れたり、ダメになってしまったという意味になります。

toastはもちろん焼いたパンのこと。調理法としては問題ないですが、言葉として「焼かれる」というのは悪いイメージにも使われますよね。そこから、焼くことで完成するトーストに悪いイメージを重ねて、よくない状態・状況が完成した・しつつあるという意味で使われるようになったようです。おもしろい表現ですね。

では、例文を見てみましょう。

(1) If you make a mistake in your report again, you’re toast. You really have to be careful this time.

(報告書でまた間違えたら、君は終わりだよ。今回は本当に気をつけなさい。)

(2) The police found the money you stole. You are toast.

(お前が盗んだお金を警察が見つけたよ。もうおわりだな。)

(3) John crashed his car last night and completely destroyed it. It was toast.

(ジョンがゆうべ車をぶつけて完全に壊してしまった。車はもうお陀仏だ。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

英語コーチ トップページへ

無料メルマガ登録

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)