こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

今回紹介するフレーズは

breathe a word

です。

まず最初に、breatheは「呼吸する」という意味の動詞です。[ブリーズ]のように発音します。名詞の「呼吸、息」はbreathで、つづりが違います。語尾のeの有無が違いです。こちらの発音は[ブレス]のようになりますから、きちんと区別して覚えてくださいね。

さて、breathe a wordという言い方の直訳は、「言葉を呼吸する」・・・。ちょっと変ですね。呼吸すると言っても、ここでは「息を吐く」のイメージで「言葉を吐く・吐き出すの方が適切。そこから「言葉を発する・言う」となり、「秘密を漏らす」という意味でも使われるようになりました。日本語にも同じような発想がありますので、わかりやすいと思います。

breathe a wordは基本的に否定文やifの文で使われます。例文を見てみましょう。

(1) Don’t breathe a word to anyone. It’s supposed to be a surprise.

(誰にも言わないでよ。サプライズなんだから。)

(2) Our company is on the verge of bankruptcy, but, don’t breathe a word of this to anyone.

(うちの会社は倒産寸前だが、このことは誰にも言わないでおいてくれ。)

(3) If you breathe a word of this to anyone, you’ll regret it.

(このことを誰かに一言でも漏らしたら、後悔することになるぞ。)

でも、“Don’t breathe a word.”と言われると、breatheしたくなるのが人の心理ですよね^^

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

英語コーチ トップページへ

無料メルマガ登録

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)