■You won’t be disappointed.

disappoint (落胆・失望させる、がっかりさせる) の上手な使い方を覚えましょう。

■今日のフレーズ

You won’t be disappointed.

損はありませんよ/がっかりさせませんよ

■例文

(1) If you hire me, you won’t be disappointed.

(私を雇って損はありません)

(2) You should see our baby reindeer. You won’t be disappointed!

(うちの赤ちゃんトナカイを見ていきなよ。見て損はないんだから)

■解説・コメント

You won’t be disappointed.「損はありませんよ」「がっかりさせませんよ」という意味で使われる表現です。自信を持って何かを勧める時に使えるフレーズです。

disappointは「(相手を)落胆させる」という意味の動詞で、ここでは受身プラス未来の否定形(won’t = will not)の形になっています。個別の文法や語彙は難しくありませんが、日常会話で「…して損はないよ」と言いたい時にこのフレーズを思いつくかどうかは別の話だと思います。このフレーズごと覚えてしまうのが一番です。

wantwill notの縮約形won’tは特に聞き取りでの区別が難しいのですが、以下の音声をチェックしてみましょう。おなじみのwantは「ウォンT」、won’tは「ウォウンT」です(違いは目立たないですが)。

(1) want

(2) won’t

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村