■make a big racket

ラケットを作るわけではありません。

■今日のフレーズ

make a racket

大騒ぎをする

■例文

(1) Those dogs were making a big racket last night.

(あの犬たちが昨夜大騒ぎをしていたんです)

(2) John started to make a big racket about artificial intelligence.

(ジョンは人工知能についてガタガタ言い始めた)

■解説・コメント

make a racket「大騒ぎをする」という意味のフレーズです。音とは無関係に、「大げさに言う言い立てる、ガタガタ言う」「深刻に受け取る、重大視する」の意味でも使えます。

意外に思うかも知れませんが、racketにはテニス等のラケットの他に、「騒音」つまりnoiseの意味もあるのです。「騒ぐ」と言いたい場合は、make a noiseと同じように、make a racketと表します。

辞書等で用例を見ると、make a [形容詞] racketと形容詞を添えることが多く、big, terribleなどが多く見られます。

また、「…について大騒ぎする」と言う場合はaboutを続けます(例文(2))。out of [何々] を使うこともあります。

make a racketは、スポーツ関連など明らかにその話題でなければ「ラケットを作る」という意味にはならないので気をつけましょう。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村