■[何々] get to me.

「到着する」という意味ではありません。

■今日のフレーズ

[何々] get to me.

私は…のせいで気分が悪い。

■例文

(1) The noise is really getting to me.

(騒音のせいで本当に気が滅入ってきた)

(2) This comedian’s joke always get to me.

(この芸人のジョークにはいつもイライラさせられる)

(3) Maybe the heat has gotten to me. I need to go indoors.

(暑さにやられたっぽい。屋内に入らなくては)

■解説・コメント

[何々] get to me.「私は…のせいで気分が悪い」という意味です。イライラ感や体調不良を表す時に使えるフレーズです。get toは最初に「…に到着する」と覚えますが、このような意味でも使われるのです。

get toの意味の中心は「…に至る」で、物事が自分に至るという言い方は精神・肉体的な自分への影響を表しています。たいていは悪い影響のことで、不満や不調の話題で使われています。原因・理由となる語句が主語に来るのがポイントで、いわゆる無生物主語の文ですが、その原因・理由が人であれば、もちろん人が主語になることは可能です。

心や体に堪えることがあったら、[何々] get to me.と言ってみてください。共感やアドバイスをもらえるかも知れません。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村