■Don’t let [何々] get to you.

get to [誰々] (…をイライラさせる) の応用フレーズです。

■今日のフレーズ

Don’t let [何々] get to you.

…のことなんか気にするな。

■例文

(1) Don’t let it get to you.

(くよくよしないで/元気を出してください)

(2) Try not to let things get to you.

(あれこれ悩まないようにしなさい)

(3) I know he’s annoying, but you shouldn’t let him get to you.

(うっとうしいのはわかるけど、彼のことなんか気にしない方がいい)

(4) Why do you always let little things get to you?

(どうしていつも小さいことで思い悩むの?)

■解説・コメント

Don’t let [何々] get to you.「…のことなんか気にするな」という助言・励ましの表現です。

get to [誰々] は「…をイライラさせる、精神的に堪えさせる」という意味です。例えば、Pressure at work gets to me. (仕事のストレスで参っている) のように使います。これをDon’t let [何々] get to you.という形で使うと、「…があなたをイライラさせることを許すな」となるのですが、相手へのアドバイスや励ましの表現なのです。

文法的には使役動詞letの用法を知っていることが望ましいですが、会話的には例文(1)を覚えて使えれば、まずは十分です(itは相手の言った内容を指します)。

また、禁止のDon’tはニュアンスに応じて、例文(2), (3), (4)のような言い方もします。特に、例文(4)は修辞疑問文の応用例ですが、こういう言い方もできると上達を実感できそうですね。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村