■treat [誰々] to [何々]

飲食以外でも使えます。

■今日のフレーズ

treat [誰々] to [何々]

…にごちそうする、…を楽しませる

■例文

(1) I’d like to treat you guys to coffee and donuts.

(みなさんにコーヒーとドーナツをごちそうさせてください)

(2) Grandma always treated us to the circus.

(おばあちゃんはいつも私たちをサーカスに連れて行ってくれました)

(3) She treated herself to a new pair of shoes.

(彼女は自分へのご褒美に新しい靴を買った)

■解説・コメント

treat [誰々] to [何々] は、「…に[飲食]をごちそうする・おごる」「…を[物事]で楽しませる」という意味のフレーズです。前置詞toを使うのがポイントです。

教材等では飲食をおごる意味が頻出ですが、飲食以外でも使うことができます。例文(2)のように、toの後ろにイベントなどの語句を使うことができるのです。

また、自分へのご褒美に…を買った(した・行ったなど)と言いたい時は、目的語をself形(自分自身)にして(3)のように表せばニュアンスがばっちり伝わります。

treat toは広い意味で「…で楽しませる」 だということがわかりますね。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村