英語ノートを眺めていたら

乱雑な英語メモがあるのですが、たまに眺めています。こういう質問があったなとか、投稿のトピックになるななどの思いを巡らせる時間です。ふと見ると、”this is/here is”と書かれていました。何のメモだっけ・・・。

This is… と Here is…の違い

ああ、この2つの違いに関するメモだったかと思い出しました。日本語で「こちらは~です」と言う時に、This is… と言う場合と、Here is… と言う場合があるんですよね。どう使い分けたらいいんでしょうかという質問を受けたことがあったんです。

近くのものを指して相手に言う時、thisを使うのかhereを使うのか、区別がはっきりしていない人はいると思います。どうですか?

This is… と指さして言う場合と、Here is… と指さして言う場合、ニュアンスに違いがあります。説明しますね。

Sponsored Link

This is… は説明

This is…は説明する時に使う表現です。「これは~です」ですから。近くにある、相手にとって未知のものを説明する時の表現なのです。よく知られているのが人を紹介する時ですね。

Mr. Johnson, this is Mr. Smith.

(ジョンソンさん、こちらはスミスさんです)

初対面の二人の間で、それぞれを指しながら説明しているイメージが成り立ちます。では、Here is… はどうでしょう。

Here is… は存在

Here is… は存在を表します。「ここに~があります」という意味です。レストランなどで席に案内されると、

Here is your table.

と言われますが、「あなたのために用意しておいたテーブルがこちらにございます」という意味合いになるわけです。この場面でThis isと言うと、「テーブルという物体があって、あなたが使うんです」というイメージになりますから、変なのです。同樣に、メニューを渡される時には、”Here is your menu.”と言われますが、同じ理屈が当てはまります。その場所にありますよ示しているのです。

ドリフ

昭和のお笑いフレーズ”This is a pen.”がどういう経緯でネタになったのかは知りませんが、これを言う場面は、ほとんどないことがわかります。幼児に教えるくらいしか機会はないでしょう。一方、”Here is a pen.”(ここにペンありますよ)と声をかける場面はいくらでもありそうですね。

 

thisはものを指し、hereは場所を指す。この基準を覚えておくと差が生まれますよ。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link