StockSnap / Pixabay

基本に返ろう、挨拶のいろいろ

英会話の最初に必ず習う「調子どう?」というこの表現、”How are you?”と習いますが、バリエーションがあります。次の3つも覚えておくと良いですよ。

  • How are you doing?
  • How’s it going?
  • What’s up?

これらはあちこちで紹介されているものですので、すでに知っているかも知れませんね。返答の基本形は”I’m fine, thank you.  (And you?)”です。これもバリエーションがありますので、次のような言い方も知っておきましょう。

  • I’m good.
  • Can’t be better.
  • Peachy.

なども使われます。”I’m good.”は説明不要ですね。”Can’t be better.”は、少し混乱するかも知れません。直訳すると「より良くなることはできない」です。「今のこの状態よりも良くなることはない」ですから「今が最高」という意味なんです。否定文で、調子が悪い意味かと思ってしまいそうですが、反対なんですね。自分で使っているうちに慣れてきますよ。

Sponsored Link

“Peachy.”は初めて聞く人が多いかも知れません。桃から来ています。これも「絶好調、最高の気分」という意味です。

A:  Hey, how are you?

B:  Just peachy.

という感じのやり取りができたら、なんとなくおしゃれな感じがします。いい気分を桃で表す、おもしろいですね。

How are you?は形式的である

一般的に、英語で”How are you?”(またはその同義表現)と言われた時は形式的なんです。実際の気分や体調は問われていません。その時点の体調などを言おうと、言葉を選ぶ人がいますが、不要ですよ。さらっと”I’m fine.”と答えて、次の話題に移りましょう。古き良き日本語の習慣で、「お出かけですか?」と声をかけられたら、「ちょっとそこまで」とさらりと返していた、それと同じです。聞いた方は、こちらがどこに行くのかなんて気にしていないし、答える方も適当なものです。形式的なものですから、”How are you?”  “I’m fine.”でいいのです。

もちろん、診察室でお医者さんに”How are you?”と聞かれたら、きちんと症状を伝えましょう。”I’m fine.”と反射的に答えたら笑われたという実話がありますよ。かわいらしくていいですけどね。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link