geralt / Pixabay

“Thank you”以外でお礼してみよう

お礼の表現は、もちろん”Thank you.”ですが、別の言い方も覚えておくとよいでしょう。バリエーションをいくつか紹介しますね。

I appreciate it.

「感謝申し上げます。」

丁寧な感謝の言葉です。appreciateの後ろには、itや相手にしてもらった内容が来ます。「人」は来ません。”Thank you.”とは言いますが、×I appreciate you.とは言わないのが注意点です。

I can’t thank you more.

「最高に感謝しています」

否定形なので感謝していないように思えますが、そうではないのがポイント。「もっと感謝することができない」という和訳は不十分で、「今の状態より以上には感謝できない」という意味合いです。だから「最高にありがたい」になるんです。

I’m much obliged.

「感謝致します」

動詞obligeは「恩恵を施す」「喜ばせる」という意味で、受身形で使われて感謝の意味になっています。丁寧な言い方です。

I owe you one.

「借りがひとつできたな」

「恩に着るよ」

Sponsored Link

映画やドラマでよく耳にするフレーズで、カジュアルな言い方です。「恩に着るよ」という感じですね。逆に、”You owe me one.”という表現もあります。「貸しができたぞ」「この恩を忘れるなよ」という意味です。

I’d be lost without you.

「いつも助かります」

「あなただけが頼りです」

直訳は「あなたがいなければ、途方に暮れているだろう」という仮定法の言い方です。

You came through.

「よくやってくれたね」

感謝というよりは、相手をねぎらう言い方です。come throughは「通り抜ける」という意味で、通過のイメージから「困難を切り抜ける」となります。

You made my day.

「いい一日になったよ」

「楽しませてくれてありがとう」

映画「ダーティ・ハリー」名台詞”Make my day.”(いい気分にさせてくれよ)が最初だと言われています。興味があれば、作品をご覧になって下さい。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link