geralt / Pixabay

「どうしたの?」の英語あれこれ

「どうしたの?」と聞く時、”What happened?”(何があったの?)が一番よく使われますが、他の表現もあります。いくつか紹介しますね。

標準的なフレーズ

What’s the matter (with you)?

英会話では必ず習う表現のひとつです。with youの部分は言わないことも多いです。

What’s wrong (with you)?

これも英会話必須フレーズのひとつですね。同じくwith youは言わない場合もあります。

カジュアルなフレーズ

What’s eating you?

このフレーズに対して”Spaghetti”や”Sushi”と答えたとしたら、少しだけ文法の復習が必要かも知れません。「何を食べているの?」は、”What are you eating?”です。このフレーズを直訳すると「何があなたを食べているの?」となり「どうしたの?」「何かあったの?」という意味で使われます。

Sponsored Link

What’s bugging you?

bugの元々の意味は「虫」(コンピューター関連用語のバグもここから来ています)。虫が羽音を立てて自分の顔の辺りを飛んでいると嫌ですよね。そこから転じて、bugを「悩ます」という意味の動詞として使うんです。補足ですが、”Don’t bug me.”(うるさいなあ/つきまとうなよ)表現もあります。

What’s the story?

こういう言い方もあります。イギリスのロックバンド、オアシスの曲に”What’s the story, Morning Glory?”という曲がありました。

キリがない

調べると他にもまだまだあり、

  • What’s the deal?
  • What’s the scam?
  • What’s the scoop?

というのもあります。新しい表現には、出会うごとに慣れていくしかありませんね。特に若い人たちは日々新しい言い回しを生み出しますしね。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link