■make for [何々]

makeではなくmake forですので「作る」ではありません。

■今日のフレーズ

make for [何々]

結果的に…となる

■例文

(1) Having ten grandkids makes for a big Christmas shopping list!

(お孫さんが10人だと、クリスマスの買い物リストは長大ですね!)

(2) Both teams are on good form, which should make for a great game.

(両チームとも調子が良いので、素晴らしい試合になるはずだ)

*be on good form 調子・気分が良い

■解説・コメント

make for [何々]「結果的に…となる」という意味のフレーズです。英語フレーズ集などを見てもわかるように、元々は「(場所)に向かう」という移動の意味を持つフレーズです。そこから比喩的に意味が転じて「…という結果に向かう」としても使われるようになりました。

makeは学習初期に覚えた「作る」の和訳に固執しがちですが、これはmake forという2語フレーズです。「作る・生み出す」の意味は含まれますが、ニュアンスが異なる点に気をつけましょう。

高校などの英語授業で「結果的に…となる」と言えば、result in [何々]lead to [何々] と習うのが一般的ですが、make forはそれらよりもくだけた響きを持ちます。日常会話で使ってみてください。

■音声確認

見出し3■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村