人は誤り、謝る生き物

まず最初に、過去記事のいくつかがそうなのですが、私のメールマガジンの内容をアップすることがあります。しかし、基本的にはメルマガはメルマガ限定の内容で進めていますので、この機会に読者登録はいかがですか?

やわらか英語コーチ工藤ゆたかメルマガ読者登録はこちらからどうぞ

では本題。

今回は謝罪の表現あれこれです。ごめんなさいの表現にもいろいろあります。バリエーションを覚えて、本心かどうかはともかく(笑)コトを荒立て過ぎないように生きていきましょう。

I apologize.

「お詫びします」

“I’m sorry.”が一番使われますが、もうひとつ一般的な表現があるとすればこれです。

I’ll never forgive myself.

「取り返しのつかないことをしてしまった」

直訳すると「決して自分を許すことはないだろう」となり、最大級の謝罪と言えるでしょう。ものすごく反省している時に、誠意を込めて言いましょう。

Sponsored Link

I didn’t mean to.

「悪気はなかったんです」

悪意がなくても、迷惑をかけてしまうことはありますよね。このフレーズの直訳は「意図してやったのではない」。わざとしたことではないと伝えたい時はこのように表せばオーケー。このフレーズごと覚えて使うのがベストです。

“I’m sorry, but I didn’t mean to.”

“I apologize, but I didn’t mean to.”

このように、先にひと言謝ってから使うと、言い訳がましいと思われずに済みます。

I’ll make it up to you.

「この埋め合わせはします」

謝ったら仲直りに向かいますね。make upは「償う、埋め合わせをする、補償する」という意味のフレーズです。「埋め合わせはするよ」「この借りは返すからね」という意味になり、相手の気持ちをやわらげようというタイミングで言いましょう。

Forgive and forget?

「水に流さない?」

これはカジュアル表現なので、目上の人に言わないようにしましょう。forgive and forgetで「水に流す、なかったことにする」というフレーズ(直訳は「許して忘れる」)。尻上がり口調で言うのがコツです。

Are we square?

「これでチャラにしてくれ」

これもカジュアル表現。squareにはいろいろな意味がありますが、ここでは「精算済み」です。きちんと弁償するなどした後に仲直りを持ちかける、そんな場面でどうぞ。

 

トラブルなく生きていければ理想ですが、それは無理な願い。謝罪する時には、上手に気持ちを伝えていきたいですね。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link