サイン、英語で正しく使えますか?

署名を意味する「サイン」というカタカナ語、日本語に定着して久しいですね。いつ頃から使われているのでしょう。これの元になる英単語はsignです。このつづりでサインと発音するんですね。

英語ではsignだけじゃない

sign

signという単語は、名詞と動詞の用法があります。最初に、動詞としてのsignですが、こちらは「署名する」という意味で、私たちがイメージしている通りです。一方、名詞のsignは「看板、標識、印」という意味なのです。署名の意味はないという点にご注意下さい。

signature

signを名詞で使っても、署名の意味はありません。「署名」はsignatureです。”スィグナチャー”のように発音します。ここ何年かの間に、ブランド品などで「シグネチャー・モデル」と呼ばれる著名人のサイン入り商品が販売されています。カタカナ語としては「シグネチャー」で定着してきているようですが、英語の発音としては通じにくいので、ご注意下さい。

Sponsored Link

こちら(の欄)に署名をお願いします。

以前なら印鑑が必要だった手続きが、署名で済むようになってきました。書類、あるいはタブレット端末に「ご署名をお願いします」と言われますが、英語では

  • Could you sign here, please?
  • Could you put your signature here, please?
  • May I have your signature here?

となります。繰り返しになりますが、名詞signには署名の意味はなく、signatureと言います。

autograph

芸能人やスポーツ選手のいわゆる「サイン」のことはautograph(オートグラフ)と言います。海外アーティストや選手に「サイン、プリーズ」と言う人がいます。英語では意味がずれていることはおわかりですね。通じていますし、問題になることではないですが、”Sign, please.”は「こちらの書類に署名して下さい」という感じになるわけです。

Can I have your autograph, please?

(サインお願いします)

と言えばよいでしょう。実際は、キャーキャー言いながらペンと紙を差し出すというのがほとんどでしょうけどね。

 

まとめると、

  • sign「署名する」(動詞)、「看板、標識、印」(名詞)
  • signature「署名」(名詞)
  • autograph「(有名人の)サイン)」(名詞)

上手に使い分けて下さいね。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link