英語の発音に見られる日本人のちょっとした思い込み

私のお仕事には英語の発音指導も当然含まれます。「相手に通じ、会話が成立すること」を最優先しますので、そんなにそんなに音の細部までは指導しませんが、専門的な観点からは、気になる発音というのはあります。ここではその気になる点をひとつ紹介します。

英語の習い始めの時期に言われること

英語学習初期で、発音に関して次のように注意されたと思います。

「日本語の子音は常に母音がくっついてくる。butを”ばっ“と発音しても通じないよ。”ばっT“(トゥのような音)と発音しなくちゃね。goodは”ぐっ“じゃダメだよ。”ぐっD“(ドゥのような音)と発音しようね。」

この説明はその通りなんですが、学習者側にある勘違いが生じるんです。

「そうかあ。じゃあ、英語を話す時は“と”とか“ど”って言わないようにしなくちゃな。」

こう考えてしまうと、とある発音で不正確なことをしてしまいます。

tornado, tuxedo

どちらもカタカナ語として日本語で使われています。

tornadoは「竜巻」で、カタカナ語「トルネード」として知られています。tuxedoは「燕尾服」ですが「タキシード」と呼ぶのが一般的です。これらを学習者に発音してもらうと、

tornado ”とーねいD”

tuxedo “タクスィーD”

と発音する人が多いです。英語の実際の発音はどうかというと、tornadoは「とーねい」のように発音します(実際の発音はこちら)。tuxedoは「たくすぃー」のように発音します(実際の発音はこちら)。

Sponsored Link

単語のつづりを見ればわかりますが、語尾が”-do”ですね。これは素直に”ど”と発音します。上で先生が「ど」と言うなと言ったのは、語尾が”-d”の時のことであって、語尾が”-do“であれば”ど”と読むのです(注:単語によっては”どぅー”と読むものがあります)。

これがわかれば、複数形の発音も正確になります。tornadoesは”とーねいどZ“、tuxedosは”たくすぃーどZ“です。”とーねいず”でも”たくすぃーず”でもありません。

auto, mosquito

では、Tの場合も確認しましょう。理屈は上と同じです。語尾が”-t”なら「と」はおかしいですが、”-to”は“と”と発音すればよいのです。

auto(自動車)の発音は”おーT”ではありません。”おー“です。複数形autosの発音は”おーTS”ではなく、”おーとZ“となります。

mosquito(蚊)の発音は”もすきーT”ではありません。”もすきー“です。複数形mosquitoesの発音は”もすきーTS”ではなく、”もすきーとZ“です。

つづりをよく見ればわかってきます

私たちはたしかに言われました。goodは「ぐっど」ではない。butは「ばっと」ではないと。この時の説明のポイントは、dを「ど」と読むな、tを「と」と読むなというだけのことだったんです。

しかし、英単語の語尾では「ど」や「と」と言うことはないのだなと思ってしまうことがあるんです。

今回のポイントは簡単です。語尾のつづりが”-do”, “-to”で終わっている単語は「ど」「と」と発音すればよいのです。ただし、”-do”語尾を「どぅー」、”-to”語尾を「とぅー」と発音することになっている単語もありますので、必ず辞書やアプリで発音を耳で確認するようにしましょう。

いつの間にか思い込んでしまっているって・・・ありますよね。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link