■What if …?

高校英語で習うフレーズですが…。

■今日のフレーズ

What if …?

もし…だったらどうなりますか?

■例文

(1) What if you don’t pass your exams?

(試験に合格しなかったらどうするの?)

(2) What if you were a prime minister of Japan?

(自分が日本の首相だったらどうする?)

(3) So what if I came home late?

(帰りが遅かったから何だって言うのさ!)

■解説・コメント

主要フレーズwhat ifですが、用法・意味だけでなく音声面についても触れたいと思います。

What ifは会話の定形表現ですのでこのまま覚えて使えば大丈夫です。使い方・ニュアンスは次の通りなのですが、3つ目は初めて知るという人がいるかも知れません。

(1)例文(1)について:「もし…だったらどうする?」

「試験に合格しなかったらどうするの?」では、先のことについての可能性について話しています。言葉を補うと、“What will you do if you don’t pass your exams?”“What will happen if you don’t pass your exams?”が完全文として考えられます。

(2)例文(2)について:「仮に…だったらどうする?」

「自分が日本の首相だったらどうする?」は実際とは逆の仮定、起こる可能性の低い話、「仮定法」です。“What would you do/say if you were a prime minister of Japan?” “What would happen to our society if you were a prime minister of Japan?”などが完全文として考えられます。

(3)例文(3)について:「…だったらどうだって言うのですか!」(憤り)

反語表現で怒り・憤りを表し、So what if …?と頭にsoを付けて言うのが一般的です。“So what would you want to say if I came home late?”が完全文になるでしょう。「それで、私が遅くに帰宅したとして、何と言いたくなるのでしょうか(いや、何も言う必要はないでしょう?ごちゃごちゃ言わないでよ)」というニュアンスになります。

(4)音声ポイント

what ifの音はとても弱く感じられます。what ifの2語を個別にはっきり発音するネイティブはいません。くっつけて「ワティフ」、または北米英語では少し濁った音で「ワディフ」「ワリフ」のような音になります。この音声変化に慣れていないと、what ifと言われていることに気付くのは難しいです。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村