こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

チップ

英語では

tip [ティップ]

Comments (ひとこと)

和製英語ではないですが、カタカナ語として注意したい単語のひとつがこれ、tipです。

tipとは欧米の習慣で、日本の「お心づけ」に相当するもの。レストランのウェイター、ホテルのベルボーイ、タクシーの運転手などに、正規料金とは別に、その人にしてもらったサービスへのお礼として余分に渡すお金のことです。日本では一般的ではありませんね。

直接渡す場合はgive a tipと言ったり、レストランのテーブルや、ホテルのベッド(枕の上や下に置くことが多い)にチップを置く場合はleave a tipと言ったりします。

また、tipは動詞としても使うことができ「チップを渡す」という意味になります。そのままですね。

注意したいのはその発音。「チップ」と発音すると別の単語chip (切れ端)になってしまいます。tipは[ティップ]のように発音しましょう。

Sponsored Link

Examples (例文)

Example 1

A: How much should I tip the waiter?

(ウェイターにはいくらチップを渡せばいいかな。)

B: Most people leave 15-20%.

(たいていは15から20%分だよ。)

Example 2

I don’t want to leave a tip at restaurants if the service is bad.

(レストランの対応が悪い時にはチップは渡したくないよ。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link