日本語ではこう言いますが

バーゲンセール

英語では

sale

Comments (ひとこと)

安売り、特売のことをカタカナで「バーゲンセール、バーゲン」と表すことがありますね。これは和製英語です。

英語で「安売り、特売」を表す場合は

sale

と言います。また、

on sale

という表現もあります。これは「~が通常価格よりも安い、特別価格で売られている」という意味になり、「セール中で」ということです。混乱しやすいのが”for sale”ですが、これは「売ります」「売り物件」という意味で、フレーズ自体には「安い、特価」という意味はありません。

Sponsored Link

では、バーゲンの元の語であるbargainはどういう意味なのでしょうか。bargainは「売買契約」「取引」「協定」「約束」という意味があります。さらに、

安い買い、特価

という意味があります。ただし、注意してほしいのは特売の意味ではないということ。bargainはお店の特売期間のことを言うのではなく、安い品物という意味なんです。この微妙な意味の違いに混乱して、バーゲンセールという和製英語が生まれたのでしょうね。

Examples (例文)

They’re having a sale at my favorite store this weekend.

(今週末、私の好きな店でセールがあるんだ。)

There’s a big sale at that department store.

(あのデパートで大売り出しやってるよ。)

This shirt cost only 980 yen. It was on sale.

(このシャツたった980円だった。セール価格だったんだよ。)

This coat was on sale. It was a real bargain.

(このコート、セールだったの。マジ格安だったよ。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link