Phrase (フレーズ)

Even a worm will turn.

Meaning (意味)

  • 一寸の虫にも五分の魂
  • 窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

Comments (ひとこと)

英語の慣用句のひとつですが、直訳すると「いっぴきの虫でさえ方向を変えようとする」となります。転じて

  • 虫でさえも反撃してくる。
  • 弱虫でも怒れば怖い。
  • 小さく弱い者にも、それ相当の意地や根性がある。

という意味になります。日本語の「一寸の虫にも五分の魂」や「窮鼠猫を噛む」に相当するわけですね。

wormは6本足のいわゆる昆虫ではなく、主にイモ虫系、うねうねくねくね系の虫を指します。苦手な人は少なくないですよね。

Sponsored Link

発音のイメージは、「ウォーム」ではなく「ワーム」です。「ウォーム」と発音してしまうと、warm(暖かい、温かい)になりますのでご注意を。

wormのつづりにOがあるので、worを「ウォー」だと思いがちですが、workbookを「ワークブック」と呼んでいるなど、実は日常生活で無意識になじんでいる発音パターンなんです。

同樣に、「温かい」のwarmはつづりにAが入っているのに「ウォーム」と発音します。warというつづりは機械的に「ウォー」だと覚えてしまいましょう。有名なSF映画Star Warsの「ウォー」と覚えてみてはいかがでしょうか。

AとOの発音が入れ替わっている・・・へそ曲がりですね。

Example (例文)

John may look like a coward, but don’t press him too hard, because even a worm will return.

(ジョンは臆病者に見えるかもしれないけど、あまり追い詰めないほうがいいよ。窮鼠猫を噛むって言うからね。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link