stevepb / Pixabay

行動しながらその都度軌道修正を

次の言葉を知っていますか?

Ready Fire Aim

各単語の意味を知っているなら、「あれ?」と思うかも。

readyは「構え(用意)」

fireは「撃て」

aimは「狙え」

です。これは狙撃の時のかけ声の表現。でも、順番がおかしいですよね。”Ready, Aim, Fire”とすべきです。しかし、この表現は敢えて Ready, Fire, Aimとしていて、「構え、撃て、狙え」なんです。この「撃ってから狙え」は、「行動しながら修正しなさい」というメッセージなんです。

 

自己啓発書に目を通すとわかりますが、どの本も言っていることはひとつしかありません。「行動しなさい」です。ほとんどの人は、行動しません。ここで言えば「撃たない」んですね。行動しないで結果を出す人はいません。ほぼすべての人間に共通する特技があるとすれば、それは「行動しないこと」なのかもしれませんね。厳密に言えば、人は「行動しない理由を見つける」のが得意すぎるんでしょう。

「まだ若いから」

「もう年だから」

「暑いから」

「寒いから」

「寝不足だから」

「寝すぎたから」

「空腹だから」

「満腹だから」

「お金がないから」

Sponsored Link

「お金に余裕があるから」

etc.

何でも「やらない理由」にすることができます。新年の抱負もたいていは実行されずに次の年を迎えます。

 

何かを始める、始めざるをえない、もうやるしかないぞ、そういうタイミングって、人生に何回あるんでしょう。ベストな、完璧なタイミングってそうそうないです。「準備ができたらやる」ではなくて、行動しながら修正していくことが大事なんです。それが Ready, fire, aimというフレーズの意図です。英語の勉強でもそう。テキスト開いて、声を出す。覚えた言葉は独り言でもいいから使う。

 

ところで、たいていの日本人は自分が英語を話した時、相手に”Pardon?” と言われると、「通じてない!!」と思い込みます。そこで自信を失うのか、黙ってしまう人が多いですね。事実を教えます。あなたの英語に対する”Pardon?” は、「すみません、聞こえないんですが」という意味なんです。これが日本人の英語の真実相手に聞こえていないんですよ。声が小さくて。本当にそれだけの理由です。あなたは自分の英語が通じていないと思うでしょうが、相手は何気なく聞き返しているだけ。通じているかどうか以前に、声が届いていないだけなんです。あなたがするべき軌道修正は簡単です。

  • 次は大きな声で話そう
  • それ以降も大きな声で話し続けよう

です。これが軌道修正。話してみるという行動をするからこそ、声の出し方を変えるという軌道修正ができるんです。そして上達していきます。自信がつきます。

 

Ready, Fire, and Aim!!

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link