こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (フレーズ)

Perhaps.

Meaning (意味)

たぶん

Comments (ひとこと)

イギリス英語とアメリカ英語の違いについては、主に発音やイントネーションが話題の中心になりますが、語彙の使い方もけっこう違います。アメリカ人の方がよく使う単語、イギリス人の方がよく使う単語、どちらの国でも同じように使うもの、さまざまです。当たり前と言われればそうかもしれないですが、ふっと気づく単語ってあるんですよね。

イギリスにいて、あれ?あんまり聞かないなと思ったのが、maybeです。イギリス人が使わないわけではないですが、そんなに多く聞かないんですよね(個人の印象ではありますが)。

断定を避けて「たぶん」と言いたい時、アメリカではmaybeが一般的ですが、イギリスではperhapsを使う人が多いように思います。

参考書などでは「たぶん、おそらく」を表す単語の使い分け方として

  • probably: 十中八九、確信度高
  • perhaps: 確信度中
  • maybe: (あまり自信はないが)たぶん、確信度低

と分類していることが多いですが、それはそれとして会話上の使用傾向があるようです

英語と米語について、「地下鉄」をアメリカではsubwayと言うが、イギリスではundergroundと言うなど、使う単語の違いに関する情報はよく入ってきますが、単語選びの「傾向」について注意してみるのもおもしろいと思います。

Example (例文)

A: Perhaps you should give some advice to John because he respects you.

(ジョンはあなたのことを尊敬しているんだし、何かアドバイスしてあげたら?)

B: Yeah. Perhaps.

(ああ。そうかも知れないなあ。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)