こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。同じ英語でもアメリカ英語とイギリス英語はずいぶん違います。発音やイントネーションだけでなく、単語の使い方もけっこう違うんですよ。

Phrase (フレーズ)

smart

Meaning (意味)

(服装などが)きちんとしている

Comments (ひとこと)

英単語smartについて、学校などで習いませんでしたか?「smartはカタカナ語のスマートとは違って『頭がいい、賢い』なのです」と。これは基本的にはアメリカ英語での話です。イギリス英語のsmartは「おしゃれな服装をしていてカッコいい」という意味でも使われます。

日本語の「スマート」は「体型やスタイルがいい」という意味で使われますが、アメリカ英語、イギリス英語共にその意味はありません。ここは重要です。カタカナの「スマート」の意味は日本独自になっていますので注意してくださいね。

話を戻して、イギリスでは、服装規定でsmart casualとあったら、ネクタイやスーツなどは必要ないが、品の良いシャツやセーター、パンツ(短パン不可)を着用しなさいという意味です。また、お店などがsmartだと言えば、それは「垢抜けていて洒落ている」という意味です。

Examples (例文)

Example 1

A: That’s a nice suit. You look really smart today!

Sponsored Link

(いいスーツね。今日はとってもオシャレよ!)

B: Thanks. Now, let’s go to the smartest restaurant in London.

(ありがとう。さあ、ロンドンで一番おしゃれなレストランに行こうか。)

Example 2

A: That’s a very smart suit. Are you going anywhere?

(それはとても素敵なスーツですね。どこかに行かれるんですか?)

B: Yes. I’ve got a job interview.

(そうなんです。就職の面接があるんですよ。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link