こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (フレーズ)

be chained to the oars

Meaning (意味)

  • 強制労働・長時間労働させられて
  • 社畜である

Comments (ひとこと)

社会問題のひとつに、ブラック企業というのがあります。そこで働く人を社畜と呼んだりしますね。今日紹介するフレーズは、直接的な翻訳ではありませんが、社畜やブラック企業など、労働問題に関連した話題に使えると思います。

be chained to the oarsというフレーズ。chainは名詞では「鎖」ですが、「鎖でつなぐ」という意味の動詞でも使われます。be chainedで「鎖でつながれている」の意味。oarは船を漕ぐオールです。日本語では櫂(かい)、櫓(ろ)とも言いますね。

be chained to the oarsは、元々は船を漕ぐ奴隷が鎖でオールにつながれていたことに由来する表現だということです。使わないで済ませたい表現ですね。

Examples (例文)

Example 1

ABC Company is “black.” Those employees are all chained to the oars.

(ABC社はブラックだよ。従業員はみんな社畜扱いだ)

Example 2

Teachers in public schools frequently complain that they feel as if they were chained to the oars.

(公立の教員は奴隷的な労働をさせられているようだと感じて、しばしば不満を漏らしている。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)