■fawn (all) over [誰々]

スネ夫くんのイメージです。

■今日のフレーズ

fawn (all) over [誰々]

…のご機嫌を取る、へつらう

■例文

(1) People fawn over you when you’re famous.

(有名になると人がこびてくる。)

(2) You’re not going to get ahead by fawning over the boss like that.

(そんなふうに上司のご機嫌を取っても出世なんてできないよ。)

■解説・コメント

fawn (all) over [誰々]「…のご機嫌を取る、へつらう」という意味のフレーズです。fawnは名詞では「子鹿」のことなのですが、調べてみると「媚びる」のfawnと語源的には別物だそうです。fawn overと言ったり、fawn all overと言うことがありますが、このallは「全部」ではなく、強調語として加えられます。

自分の利益のために人に媚びるさまを表す言い方で、よく知られているのはpolish the appleだと思います。日本語の「ゴマをする」は、英語では「リンゴを磨く」になるところがおもしろいですね。動詞一語の言い方ではflatterがあります。また、ゴマすりの人のことはapple-polisherと言いますが、やや下品な言い方でbrown-noserというのもあります。なぜ下品なのかは検索してみてください^^

polish the appleの発音

flatterの発音

apple-polisherの発音

brown-noserの発音

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村