こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (フレーズ)

morning sickness

Meaning (意味)

つわり

Comments (ひとこと)

知人の娘さんが3人目のお子さんを身ごもったとのお話を聞きました。男性が想像してもしきれない世界のひとつが妊娠と出産ですが、その知人の娘さん、ひどいつわりにたいそう苦しい思いをしているそうです。一日中起き上がれない日もあるとのこと。その一方で、まったくつわりのない人もいるのだそうですね。

「つわり」は漢字では「悪阻」と書きますが、英語ではmorning sicknessと言います。直訳すると「朝の病気」。ただし、そういう表現なだけで、時間帯に関係なくmorning sicknessと言います。つわりは朝に症状が重いからかな?と思った私ですが、ベネッセの「たまごクラブ・ひよこクラブ」のウェブサイト「たまひよ」(https://st.benesse.ne.jp/ninshin/content/?id=64588)によると、

つわりでつらいシーン ランキング
1位 夕方~夜中…80.1%
2位 朝(寝起き)…54.6%
3位 料理中…41.6%
4位 食事のとき…37.7%
5位 仕事中…31.1%

たまひよアンケートより(2019年10月実施)

と記されています。morning sicknessという呼び名ではありますが、サイトの調査ではこのような結果です。

さて、英語の観点では、外国人の友だちと話題になったり、自身が海外で妊娠出産を迎えるということもあるかも知れませんね。基本的な例文を見て行きましょう。

(1)
A: How are you today?

B: I have terrible morning sickness.

(つわりがひどいです。)

terribleは「ひどい」という意味ですが、badでもよいですし、症状が重い時にはsevereとすることもあります。補足ですが、×I am morning sickness.と言わないようにしましょう。これだとあなた自身がつわりというものだという意味になりますので。

次のような言い表し方ももちろん可能です。

(2) My morning sickness is really bad today.

(私のつわりは今日は本当にひどい。)

関連表現

では次に関連表現も見ていきましょう。

「予定日」はdue dateと言います。[デュー デイT]のように発音します。

(3)
A: When is your due date?

(出産の予定日はいつなの?)

B: I’m due on December 25th. We’ll see.

(12月25日なの。その日になるかなあ。)

「出産する」の一般的なフレーズはgive birth to a baby boy/girlです。また、意外に思うかも知れませんが、deliverも「出産する、分娩する」という意味で使われますよ。

(4) My daughter gave birth to a baby boy last night!

(娘がゆうべ男の子を出産しました。)

(5) My wife will deliver the baby next month.

(妻が来月出産予定なのです。)

冒頭で触れた知人の娘さん、無事元気な赤ちゃんを産んでほしいと心から願っています。

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

レッスンのご案内

無料メルマガでつながる

LINE@でつながる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)