■furious

怒りを表す語彙、angryだけではありません。

■今日のフレーズ

furious

激怒して、怒り狂って

■例文

(1) I was late and she was furious with me.

(遅れて行ったものだから、彼女はすごく怒っていた。)

(2) His family are furious that his name has been made public by the press.

(名前が報道で公表されたことに、彼の家族は憤慨している。)

■解説・コメント

furious「激怒して」という意味の形容詞です。頻出語彙のひとつで、怒りの程度がangryよりも上、英英辞典風に言えばvery angry, extremely angryです。日常会話では、激怒ほどではなくても誇張で使われることも多いです。日本語で「超」を付けて誇張するような感覚だと言えます。

furiousの使い方は概ね次の3通りです。

(1) be furious with [人]

(2) be furious at/about [行為/事柄]

(3) be furious that SV

(1)と(2)にあるように、何に怒っているかで前置詞の使い分けがされますが、ネイティブはwithataboutもけっこうゴチャ混ぜで使います。個人差や地域差があり、実態は参考書が言うほど「でなければいけない」にはなっていません。意思疎通を優先し、ガチガチのルール主義に陥らないようにしましょう。

なお、furiousBE動詞の後ろ(補語の位置)で使うと激怒の意味になり、名詞の前で使うと「非常に激しい、荒れ狂った」の意味になります。例えば、a furious stormは怒った嵐ではなく「激しい嵐」です。イメージ的な共通部分はありますけどね。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村