■aspire to

あれをしたい、これをしたいと人にはやりたいことがたくさんあります。英会話ではこの気持をwant toで表すのが一般的。この時、将来やりたいこと、志望していること、強く願っていることについて言いたいならば、別の言い方もあります。

■今日のフレーズ

aspire to 熱望する、目指す

■例文

(1) Becky worked as a waitress but aspired to be a dancer.

(ベッキーはウェイトレスとして働いていたが、ダンサーになろうと考えていた。)

(2) She’s just a soap opera actress but she aspires to great Hollywood roles.

(彼女は昼のメロドラマ俳優だが、ハリウッドの大作映画の役を目指している。)

今回紹介するのは、動詞aspireです。辞書の「熱望する」という訳語でなじみがある人もいることでしょう。希望・要望はwantを使って表すことが多いですが、aspirewant very muchという定義があることから、wantよりも強い気持ちを表しています。また、「将来的に何かを達成したい」「成功したい」という意味も持ちます。「目指す、志望する」という日本語に近いでしょう。

aspire toの形で使うことが多いのですが、toの後には何が来るでしょう。toと言えば、不定詞を思い出しますよね。上の例文(1)にあるように、

aspire to V

で、「~することを熱望する、強く願う」という意味になります。ただ、それだけではなくて、前置詞のtoとしての用法もあり、例文(2)のように、

aspire to [名詞]

で、「~を目指す、志望する」の意味でも使うのです。

toはたいてい不定詞か前置詞のどちらかに限られていますが、aspire totoはどちらの用法も存在するのです。こういう語法はめずらしいかも知れません。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村