■aspire to

あれをしたい、これをしたいはwant toで表すのが一般的ですが、将来志望している、強く願っていることについて別の表し方もあります。

■今日のフレーズ

aspire to

熱望する、…を目指す

■例文

(1) Becky worked as a waitress but aspired to be a dancer.

(ベッキーはウェイトレスとして働いていたが、ダンサーになろうと考えていた。)

(2) She’s just a soap opera actress but she aspires to great Hollywood roles.

(彼女は昼のメロドラマ俳優だが、ハリウッドの大作映画の役を目指している。)

■解説・コメント

動詞aspire「…することを熱望する」「…を目指す」という意味です。希望や要望はwantを使って表すのが一般的ですが、aspirewant very muchと定義されており、wantよりも強い気持ちを表します。また、「将来的に何かを達成したい」「成功したい」という意味も持っていて、日本語の「志望する」に相当します。

aspire to の形で使い、toの後には動詞の原形(不定詞)を使う場合名詞を使う場合の二通りがあります。aspire to V「…することを熱望する、強く願う」という意味になり、例文(1)がこのパターンです。後ろに名詞を取るaspire to [名詞] の形では「…を目指す」の意味になり、例文(2)がこの例です。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村