「ありがとう」をバリエーション豊かに

「ありがとう」という日本語は、「めったにない」「めずらしい」という意味の「有り難し」が語源です。その連用形「有り難く(ありがたく)」の音便形であるとのこと。「ありがとう」と言われると、もっと何かしてあげたくなります。自分が言えば、相手だって嬉しいはず。お互いに普段ありえないことを与え合っているのが人間社会。

さて、せっかくですから、感謝の気持ちはいろいろな言い方で相手に伝えてみましょう。英語の感謝表現は”Thank you.”が代表ですが、他にはどんな言い方ができるでしょうか。カジュアルからフォーマルまで、いくつか紹介しますね。

I owe you one.

「ひとつ借りができたな」

Sponsored Link

カジュアルなお礼表現で、友人同士でよく使います。お礼を言う前に、相手から”You owe me one.”(ひとつ貸しだぞ)と言われることもあります。

You are the best!

「お前最高だよ!」

これもカジュアルですね。お礼という感じはしませんが、感謝の気持ちは感じます。

I can’t thank you enough.

「感謝してもしきれません」

直訳すると「十分に感謝できない」となります。いくら言っても足りないという気持ちを表します。

I really appreciate it.

「本当に感謝します」

“I appreciate it.”(感謝します)はフォーマルな表現です。丁寧ではあるのですが、”Thank you.”と同樣に、とても頻繁に使われますので、普通に言うだけでは感謝の気持ちは伝わりにくいかも知れません。reallyを付け加えたり、声や表情にも謝意を表しましょう。語法上の注意ですが、appreciateは相手がしてくれた物事を目的語に取る動詞です。×appreciate youのように「人」は使いません。

My appreciation can’t be expressed in words.

「感謝の念に堪えません」

直訳すると「私の感謝の気持ちは言葉では表せません」となります。日本語で言えば「感謝に堪えない」が近いのかなと思います。かなり丁寧な表現で、会話で使う機会はあまりないかも知れませんが、お礼状などで使うと良い表現だと思います。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link