Phrase (フレーズ)

The bill, please.

Meaning (意味)

お勘定、お願いします。

Comments (ひとこと)

一般的に、アメリカでは飲食店の支払い時は、”Check, please.” (お勘定お願いします)と言います。同じ英語圏であっても、イギリスでは、”The bill, please.”と言うのが一般的。

さて、旅行慣れしている人など、海外滞在の経験がある人はよく知っていると思いますが、欧米では飲食後の支払いは自分のテーブルに着いたまま行います。担当のウェイター・ウェイトレスに声をかけ、伝票を持ってきてもらうというのが慣習です。

Sponsored Link

日本式に店の出口の方に向かって立ち歩いてしまうと、最悪の場合、無銭飲食を疑われ、通報されてしまうかも知れません。日本では出入り口のところにレジがありますから、私たちの習慣では、お会計のためにドア方向に歩いて行きますよね。これを向こうでやったら食い逃げだと思われてしまうわけです。どうぞご注意ください。

本題に戻り、billという単語についてです。billは「請求書/勘定」の意味で広く用いられ、英米問わず「電気代を払う」「公共料金を払う」などは、”pay the electricity bill,” “pay the utility bill”などと表します。

日常英会話の必須語彙ですね。

Example (例文)

A: Excuse me. Can I have the bill, please?

(すみません。お勘定をお願いします。)

B: Certainly, sir!

(かしこまりました。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link