使いこなしてほしいHow about you?

英会話には頻出表現がいくつもありますが、その中でも

How about you?

(あなたはどうなの?)

は大切にしてほしいフレーズです。会話をどんどん進めていけるからです。

How about you? のマジック

「あなたはどうなの?」という問いかけは、会話を継続させます。相手に興味を持って、どんどん使いましょう。

Where do you live?

(どこに住んでいるの?)

と聞かれたら、

I live in Susukino. 

(ススキノに住んでいます)

などと答えますよね。そうしたら、さらに会話を弾ませるために一言添えましょう。

It’s one of the most famous tourist attractions in Japan.

(日本有数の観光地ですよ)

などです。ここでマジックフレーズを使います。

Sponsored Link

How about you?

あなたはどうなのか、つまり「あなたはどこに住んでいるの?」と同じ質問を相手に返すのです。これで今度は相手が話す番になり、どちらか一方だけが質問者というアンバランスがなくなります。もうひとつ例を見てみましょう。

What have you been doing lately?

(最近は何してんの?)

と聞かれたら、

I got a new job.  I work for Amazon.  How about you?  

(新しい仕事を始めたんだ。アマゾンだよ。そっちはどうなの?)

同じ質問を返すことで、今度は相手の近況を聞くことができるわけです。会話は続きます。

 

“How about you?”は、会話を止めず、沈黙を作らず、相手にも話させる魔法のフレーズです。英会話では、”How about you?”で勝負に出ましょう!

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link