■I’ve been wanting to V

英語の授業で習うルールに違反していると感じられますが。

■今日のフレーズ

I’ve been wanting to V

ずっと…したいと思っていた

■例文

(1) I’ve been wanting to speak with you for a long time!

(ずっとあなたとお話ししたいと思っていたのです!)

(2) I’ve been wanting to give this back to you for years!

(何年もの間、これを返さなくてはと思っていたんです)

■解説・コメント

I’ve been wanting to Vは、やりたくてもできなかったことについて、ついにそのチャンスが訪れた時に「ずっと…したいと思っていた」という気持ちを表す表現です。

フレーズ中のwant to、英語学習者にはおなじみですが、wantingと進行形になっているのを不思議に思うかも知れません。英語のルール上、状態動詞(know, resemble, prefer, etc.)であるwantwantingにならないはずです。実際、「ずっと…したいと思っていた」は、標準的にはI’ve (always) wanted to Vと表します。

実際のところ、I’ve been wanting toは文法語法がどうこうではなく定形表現だというのが結論です。ただし、気をつけたいのは、このフレーズが定着しただけで、I am/was wanting to Vという言い方はしません

ネイティブスピーカー(母語話者)によれば、have been wanting tohave (always) wanted toと意味は変わらないが、カジュアルでやわらかいニュアンスだそうです。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村