こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

ニュース

英語では

the news [ðə n(j)úːz]

Comments (ひとこと)

今回のテーマは「ニュース」。英語を勉強したことがあれば一度は教わったことがあるお話のはず。

カタカナ語のニュースはnewsからですが、英語の発音は[ニューZ]のように濁音になります(実は[ヌーZ]と発音する人も多い)。この点は学校の授業でも言われます。また、newsは語尾がsで終わりますが複数形なわけではありません。newsでひとつの不可算名詞です。

さて、日常会話でのnewsの使い方のポイントです。ネット、テレビ、ラジオなどのニュース番組のことはthe newsと言います。定冠詞を付けるのがポイント!日本語ではニュース番組を「ニュース」と言いますが、英語ではthe newsとし、theを付けた形で用いるのが一般的なのです。

日本語には冠詞(aやthe)がないので、使い分けを覚えるのに難儀しますね。言い方が決まっている場合はそのまま覚えてしまう方が手っ取り早いです。

Examples (例文)

Example 1

A: Did you watch the seven o’clock news?

(7時のニュース見たかい?)

B: No, what happened?

(いや、どうしたんだい?)

A: They did a story on your favorite actor.

(お前が好きな俳優の話をやってたんだよ。)

Example 2

There was a really interesting report about the infectious disease on the news this morning.

(今朝、その伝染病に関する非常に興味深い話をニュースでやっていたんだ。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)