こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

ピンセット

英語では

tweezers

Comments (ひとこと)

「ピンセット」と伝えるつもりで、”pinset”のように発音しても、日常の英語では通じません(特定の分野では英語でも言うらしいとの話はありますが)。この語の由来はフランス語のpincetteオランダ語のpincet辺りからだそうです。英語では、tweezersと言います。複数形で使うところに注意しましょう。

ピンセットと言うと、医療や実験や工芸などの作業で使うものをイメージすると思いますが、似たものに「毛抜き」があります。違いはサイズでしょうか。英語の場合は、どちらもtweezersと言いますよ。

Examples (例文)

Example 1

She pulls out her eyebrows with tweezers once a week.
(彼女は週に一度は毛抜きで眉毛を抜く(整える)。)

Example 2

I picked up the mysterious insect with tweezers, because I didn’t want to touch it.
(その不思議な昆虫をピンセットでつまみ上げたんだ。触りたくなかったからね。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)