英語コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

日本語ではこう言いますが

ナトリウム

英語では

sodium (ソゥディアM)

Comments (ひとこと)

先日テレビを見ていたら、普段の食事で意識的に塩分を摂取しないという、ある国のある地域のお話をやっていました。食材にもともと含まれている塩分のみを摂り、調理で塩を加えることはしないんだそうです。

近年、塩分摂取がなんとなく悪とされているように思いますが、飽食(satiation)の時代、栄養管理は難しいです。

さて、塩分と言えば、

salt (ソゥT *Lの発音は無理しない)

は名詞で、固体の白い物質、塩です。また、動詞として「~に塩を加える」という意味でも使います。

Sponsored Link

salty (ソゥティ)

は形容詞で「しょっぱい」ですね。

これに関連して、健康やダイエットの話題で塩分の話になるとき、日本語ではいろいろな説明の時に「ナトリウム」という語を使います。学校でも習う用語ですし、抵抗なく受け入れていますよね。ところがこれ、

日常では使われない英単語

なんです。通常、塩分の話などをする時に英語で使われる単語は

sodium (ソウディアM)

です。カタカナ「ナトリウム」の元になるnatrium (ネイトリアM)は、sodiumの専門用語なんです。したがって、日常の英会話ではsodiumを使う方が一般的で自然だということです。

参考までに、

  1. sodium(ナトリウム)
  2. sodium carbonate(炭酸ナトリウム)
  3. sodium nitrate(硝酸ナトリウム)
  4. sodium cyanide(シアン化ナトリウム)
  5. sodium sulfide(硫化ナトリウム)
  6. sodium hydroxide(水酸化ナトリウム)

natriumの影がどこにもない・・・。

Example (例文)

I try to avoid processed foods because they often have a lot of salt. I’m on a low-sodium diet.

(加工食品は避けるようにしています。塩分が多いので。低塩ダイエット中なんですよ。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link