こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (フレーズ)

save for a rainy day

Meaning (意味)

  • 万が一に備えて蓄える
  • 将来に備えて蓄える

Comments (ひとこと)

save for a rainy dayを直訳すると「雨の日のために取っておく」となります。rainy day不測の事態を意味する慣用表現で、フレーズ全体の意味は「まさかのために蓄えておく」となります。ここで言う「蓄える」とはもちろんお金のことです。

調べてみると、save for a rainy dayという成句は16世紀頃にはすでに使われていたようです。背景にあるのは農作業らしい。雨が降ると農作業ができず、その間はお金を稼ぐことができないということですね。

雨天の日はお金を稼げない日。そのような日に備えて蓄えを用意する。それでsave for a rainy dayというフレーズが生まれたということなんですね。

Examples (例文)

Example 1

I teach my children to save for a rainy day.

(自分の子どもたちには、まさかの時に備えて貯金するよう教えているんです。)

Example 2

Ads from that bank keep advising people to save money for a rainy day.

(あの銀行は、万が一に備えて預金しろって広告ばかりだ。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)